テーマ:卑弥呼の宮殿

遂に倭人伝の道程が解けた!。―(3) 投馬國と邪馬壹國

放射性炭素(C14)測定法を早く紹介しなければならないと先へ 急ぎ過ぎてしまい、「投馬国」の行程と倭人伝本命の邪馬壹国の 位置についての論証を置き去りにして次へ進もうとしてしまいま した。 それで・・・、 今ページも前ページの引き続きを書かなければならいと思って ・・・・・・。 倭人伝では、「投馬国」と「邪馬壹国」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に倭人伝の道程が解けた!。―(2)

遂に倭人伝の道程が解けた!・・・、の続きの第二弾です。 前ページで、伊都国を一大國すなわち、生の(壱岐)松原に比定 すると、不弥国が定まり、そして大宰府を倭人伝の倭国における 最終目的地とする邪馬壹国の道程が見えてきた・・、ということを 論証してきました。 また、その次いでながら・・・、というか、私の中ではこれまではナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に倭人伝の道程が解けた!。

前ページまでの論証を終えるとき、前ページ最終グーグルアー スに図を書き込んでいたとき、ハッ、と何か不思議な感覚に捉わ れ、考えられないような図絵が思い浮かばれました。 “倭人伝の最終行路記事が完成していたではないか。” われわれは・・・、 “倭人伝が辿った確かな道程を見付けることに成功した!”・・・  のではないか、…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more