(1)末羅國はやはり通説通りの唐津周辺の地であった

福永晋三氏を信奉する人達によるつぎのようなブログアップ に出会いました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【倭人伝には、韓国南部の「狗邪韓国」(韓国・釜山)から海 を千余里渡ると「対海国」(対馬国)=長崎県対馬市=に至 るとある。換算すれば約70キロ。現在の両地点(釜山・巨 勢島-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

②ついに「邪馬壱(台→壱「壹」)国」を標榜する歴史資料館が現わる

下記が前ページでご紹介の古田氏がまとめた史料です。 帝紀より・・・、 (1)<史料>【(景初)二年春正月、大尉司馬宣王に詔して、   衆を師ゐて遼東を討つ。】                          <魏志三、明帝紀> ・・・景初二年正月、明帝は公孫淵討伐の詔勅を発し、討伐軍 の統率を司馬懿にゆだねた(古田氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

①ついに「邪馬壱(台→壱「壹」)国」を標榜する歴史資料館現わる

昨年の正月(2015年)の話になりますが……、 その正月の年賀のご挨拶の際、私の歴史友達の河田氏より (「2014年古田武彦九州講演」があったようです)ということを耳 にし、その講演内容をYouTubeで拝見。 古田氏は講演の中で、“九州の古賀市歴史資料館では「邪馬 台国」が原文どおりの本来の国名である「邪馬壱国」へと再改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牡丹山神社古墳と埴輪

2014・9・8日の朝日新聞の新潟版でこんな記事を見つけました。 新潟東区の神社一帯が円墳の牡丹山諏訪神社遺跡ということで すね。 飯綱山古墳群につづく二例目の円筒埴輪の発見。新潟県の古墳 時代の遺跡もそう見捨てたものではないようですね。これから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

14C測定値と倭人伝・・・(1)

数年前のことになりますが、実のところ....前ページの““成王の時、 越常(えっしょう)、雉を献じ、倭人、暢を貢ず。””の記述(『論功』) に古田氏の著書にて出会い“こんなにも古い時代の中国王朝史 に倭人が姿を現していた”・・・ということを知り、当時のわたしにと ってはまさに青天の霹靂。目の前の景色が一瞬ガラリと変わり、 別世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「歴博」による14C測定値の発表(2003年)-3

前ページ(「歴博」による14C測定値の発表〔2003年〕-2)からの   つづきです。 前ページでは、(「歴博」による14C測定値)とそれを批判する鷲 崎氏による“法隆寺五重塔の心柱の伐採年が「日本書記」の記 述より百年古く出ている”ということを法則がごときに扱い、その 古く出る矛盾を卑弥呼の時代にまで遡らせて適用し、“卑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「歴博」による14C測定値の発表(2003年)-2

前々ページの歴博の14C測定値の発表は勇気ある態度に見え ます。偶然なのかも知れませんが、少なくとも邪馬台国派を名乗 る人たちの中では抜きん出て王道を行くグループに見えました。 古田氏は言っています・・・。 “兵庫県芦屋市夙川の辰馬考古資料館へ行きました時の、帰り  の光景です。銅鐸の展示があり見に行きました。駅まで歩いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閑話休題ー20 釈迦三尊像後背銘

<「歴博」による14C測定値の発表(2003年)-2>を書いている 途中、米田良三氏著の『法隆寺は移築された(大宰府から斑鳩 へ)』を読み進む中で、「釈迦三尊後背銘」についての解説に出 会いました。 何時かのページで書きましたが、その復習をもう一度。 『法隆寺は移築された』の中で掲載されたページを下に示してお きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「歴博」による14C測定値の発表(2003年)-1

前ページまでの若手研究会による1996年発表(14C測定値)を を受けて、世界の潮流には逆らえないと思ったのか、国立歴史 民俗博物館(以下、歴博)による(14C年代測定法)で調査結果 が著本となって世に公表されました(ただし、この公表は、全国 の自治体にのみのような気がしているのですが)。 <赤文字①~⑦までの番号は私のポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値のプロット図

前ページまで紹介したデータを日本白地図にプロットしてみまし た。それが下図です。 上図をご覧になればお分かりのように、全国津々浦々に●▲● ▲●▲色のマークが散らばっているのが分かります。 私のこのマーク付けは、推定年代を古い方へと押しやる傾向を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー7-九州

(A)福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、 【福岡県】 ●雀居(さざい)遺跡 (福岡市博多区雀居)縄文・弥生・古墳・中世 三笠川右岸の沖積地に立地する縄文から中世にかけての複合 遺跡。特に臺次、5次調査では縄文じだい晩期の溝から多量の 土器と共に木製農具等が出土している。また、弥生時代後期(S D-02)の環濠から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー6-(鳥取、島根)、(香川、愛媛)

【鳥取県】 ●大路川遺跡 (鳥取市古郡家)縄文・弥生・古墳・奈良 千代川右岸、鳥取平野南端の標高約12mに立地する。上層は、 弥生時代から奈良時代の包含層で、直下から土壙2、ピット7、 炭化物堆積面などを検出、下層は縄文時代の包含層で、直下か ら貯蔵穴と考えられる土壙7を検出した。  14C年代測定法。 Ga…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー5ー兵庫~中国地方

兵庫、岡山、広島、山口 【兵庫県】 ●篠原(しのはら)遺跡 (兵庫県神戸市灘区篠原中町)縄文・弥生・中世 当遺跡の南側で六甲山系から南下する六甲川が、都賀側とな る。縄文後期前葉の住居址、縄文晩期の石器製作の可能性の ある遺物群、埋甕めなど一括性の高い資料を有する。弥生時 代後期では竪穴住居跡が検出されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー4-近畿

滋賀県、奈良県、和歌山県、大阪府 【滋賀県】 ●南郷遺跡 (大津市石山内畑町)7世紀中 瀬田川右岸の丘陵地の谷筋平坦部に築かれた7世紀中頃の 製鉄炉及びそれに伴う炭窯遺構である。 14C年代法。 KSU‐1333(木炭№1)〔炭窯跡〕・・・1400±20(AD550年)                  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー3-北陸・中部

新潟県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三 重県 【新潟県】 ●六地山(ろくちやま)遺跡 (新潟市曾和字沢田372-2ほか)弥生時代後期前半~中頃 低湿地に囲まれた残丘状の砂丘列(砂丘列Ⅰ)に立地する。北 陸系、東北系の土器が出土しており、籾痕の付いた土器も確認 され、周辺で稲作が行われた可能性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14C測定値の公開ー2-関東

神奈川、茨城、栃木、群馬、埼玉 【神奈川県】 ●山王山(さんのうやま)遺跡 (横浜市港北区岸根町山王山369番地他)縄文・弥生・古墳 鶴見川南岸の丘陵状となった下松吉台地に位置する。主体とな る時期は縄文早期末~前期初頭と弥生中期~古墳前期にかけ てである。前者は炉穴や土壙等からなり、主として尾根上から 検出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(14C)測定値の公開-1-東北

少し前のページで・・・内倉氏が掲げる「理化学と(証言)が語る 古代史」の中から放射性炭素14Cによる年代測定の事実とそれ に 対する氏の論証を見てみたいと思っています・・・とお約束しま したが・・、その前に“1996年「埋蔵文化財研究会」の全国集会” で配布された資料集「考古学と実年代」という冊子を偶然に手に することができた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最古の木仮面が見つかった

2013・5・31の朝日新聞に、奈良県桜井市の「大福遺跡」で日 「本最古の木仮面」が見つかった。という記事が載っていました。 下図がそれです。 上図の記事によれば、 ①“女王卑弥呼の治めた邪馬台国の候補地とされる近くの纏  向遺跡で出土した例を数十年さかの…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

遂に倭人伝の道程が解けた!。―(3) 投馬國と邪馬壹國

放射性炭素(C14)測定法を早く紹介しなければならないと先へ 急ぎ過ぎてしまい、「投馬国」の行程と倭人伝本命の邪馬壹国の 位置についての論証を置き去りにして次へ進もうとしてしまいま した。 それで・・・、 今ページも前ページの引き続きを書かなければならいと思って ・・・・・・。 倭人伝では、「投馬国」と「邪馬壹国」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に倭人伝の道程が解けた!。―(2)

遂に倭人伝の道程が解けた!・・・、の続きの第二弾です。 前ページで、伊都国を一大國すなわち、生の(壱岐)松原に比定 すると、不弥国が定まり、そして大宰府を倭人伝の倭国における 最終目的地とする邪馬壹国の道程が見えてきた・・、ということを 論証してきました。 また、その次いでながら・・・、というか、私の中ではこれまではナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more